ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

一級建築士の転職とゼネラリストのススメ

人事異動の季節
長いサラリーマン人生、双六で良い目がでない時もある。

建築士取得後(推定30代半ば)、同期でだれが先に出世するのかなんてよくある話。
そして、同期が自分の上司とか、可愛がっていた(叱り飛ばしていた)後輩が上司なんてことも普通にあります。

ただし、はやくチャンスを掴んだ人全員が、そのままその先に進むとは限らない。
そのステージで力を発揮できなければ、配置換えもある。もちろん、そのあともずっとサラリーマン生活は続く。
初見でハードモードのゲームをクリアするってのもなかなか難しい。

今がいい、居心地が良い、自分には出世なんて関係ないって思っている人もいる。
残念だけど居心地の良い今の場所がずっとそのままとは限らない。
状況は常に変わり続ける
わずかな変化を見逃すことなく、次の展開の予想もしなければならない。

ビジネス書、つまるところ偉い人達の本は色々なことを教えてくれる。
好きなことしか続かない、人生の選択肢は無限にある、行動せずして成功なし、主体性を発揮しろ!
チャンスを逃さないように。そして努力を怠らないように。


さて、今回は今の会社や仕事が向いていないと考える建築士へのアドバイス
ゼネラリストのススメです。

サラリーマン人生の節目でチューニングは必要。
もしも転職が頭によぎるならば、他の世界を知ることは凄く大事。

転職サイトを色々と調べていくと様々な気づきがある。
特にどのような人材が求められているかはすぐにわかる。いかに発注者の心をつかみ成果をあげて感謝されるかという視点で考えるとやはりスペックはただの入口。

勉強ができても仕事ができない人はたくさんいる。
相手より自分の方が頭が良いというバイアスは必ず感情のもつれを生む。
当たり前だけど、勉強、仕事、センス、コミュニケーションはそれぞれ別の能力。これを一緒にするから現実に合わない。

少しでも転職に興味があるならば、色々な転職サイトがあるのでまずは登録、そして興味のある会社の資格要綱だけでも確認、できればエントリーも。
これだけで業界内の様々な情報が手に入る。それだけでなく、その会社の実情も少しだけ知ることができる。この会社、かなり盛っている。なんてこともわかるかも知れません。

同時に今の自分に足りない物もわかるので自分の望む未来を考えるうえで非常に有益な情報となる。
まずは将来のイメージを描くことが大切。

業界内の勢いのある会社や業種は面白い。波に乗ることも大切。全国、海外、ビックプロジェクト、ニッチだけど魅力のある世界、選択肢はさまざま。群雄割拠の世界は刺激が強くて面白い。ドーパミン出まくり。

面白い仕事をこなして人生を楽しむ。その経験はさらに次のステップで活きる。
安定も大事。検討した結果、今の場所というも選択肢もあるかもしれない。無理をする必要はない。

市場では’’スペシャリスト’’または’’ゼネラリスト’’が常に求められる。
つまりは現場で使えること。
人を尊重できる。人を動かせる。マネジメントできる能力がきちんとあること。

間口が広いのはゼネラリスト
『現場で使える人間』=『企画、設計、積算、施工、発注、営業、様々な職種に精通している』要求はいつだって高いのが世の常、だけどやって出来ないことはない。
難しく考え過ぎているだけ。基本を多く覚えているほど有利。という事は…

大枠を素早くつかみ複雑化されたものをシンプルにまとめる。そのために行動する。
挑戦する。経験する。勉強する。人の心も動かすような人格者になる。考え方を変えれば行動は変わる。

知らない世界はだれもが怖い。恐怖で動けない理由をつくるのは簡単、だけどそれだけでは状況は改善しないし成長もない。
求められる人材になり、必要とされる場所で活躍する。そこで認められればさらなる展開はある。成長し続ける。

個人的には現場監督さんのCM(コンストラクションマネジャー)への転職はお勧め。
実は現場監督はマネジメント能力とスケジュール調整能力が超高い。優秀で人格主義の現場監督は物凄くマネジャー業務に向いている。ただし、大きい看板を上手く使うスキルを磨き上げている方は、実際のマネジメント能力からその割増率を差っ引く必要があるのでご注意を。

いかに名器と呼ばれる楽器でもチューニングなしに人を魅了する音は出せない。
是非、人生の節目でチューニングを!