ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

建築士試験に負けてから

高卒大卒はフレッシュマンの評価基準、一級建築士は建設業を仕事にしている人に対しての評価基準だ。

今年も多くの受験生が全力で臨んだであろう一級建築士製図試験。
合格率でいえば、多くの受験生が敗北を味わったことがある一級建築士製図試験。

勝負なので勝者がいれば敗者もいる。
しかし、この勝負はあくまで試験。

当たり前だが人生の勝ち負けはここでは決まらない。


本当のことを言えば人生のチャンスが来たその時に準備が出来ていれば良い。
大事な人生のチャンスで負けては元も子もないのだ。

勝ち続けるためにはずっと勉強しつづけなければならない。
だれかを幸せにするために、自己研鑽を積む、自らを磨き深める。
しかし、磨かないとしだいに錆びていく。


小さな勝ちで安心して歩みをとめる人は多い。


全力で戦ったうえでの敗北、屈辱、自己否定も大事な勉強であり、人生でそう何度もない機会。

そして、自ら自分の全てを壊して再構築することもすごく大事なこと。

試験には負けて負けて負けて負けて負けて最後の最後に勝つ。

それで問題ない。



そして人生のチャンスに向けて準備をする。



さて、次のステージの予告編。

人生のチャンスで勝ってしまうと、そこからは勝ち続けないといけない。

何故か?


是非、自分の目で確かめてほしい。
周りがみんな頑張り屋さんの世界。勝者のステージがいかなるものか。


そう考えると実力不足での合格は、その瞬間で考えればラッキーかもしれない。
けれどトータルでどうかは仕事を終えるその日までわからない。

時間が経てば必ずその人の適正な評価はくだる。
幸運(ラッキー)はいつまでも続かない。

試験でもなんでも頑張り続けることができる人はそれだけで特別ということ。
それを忘れてはいけない。