ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

おっさん論

忙しくしている。

それはある意味では誰かに必要とされている事であり幸せなことだ。

先日、お世話になっている会社の部長が退職した。
アラフィフで仕事は超一流。

無理難題をこなしてしまう。
男気があり責任感もあり能力もある。
人を幸せにしている。

だが病気になった。

そんな人が突然いなくなれば、
その会社自体も危機だろう。

身体の限界まで仕事をした。
その仕事ぶりは私の心に刺さった。

社会人として、サラリーマンとして尊敬する。
私には出来そうにない。

人生は思ったよりも短いかもしれない。

何も考えずスマホをいじり、テレビを観て、美味しい物を食べ、寝る。今の生活はそこから遠くない。

当たり前だけど人生は理不尽だ。

自分はその時までに誰かに何かを残せるだろうか。

ただ、自分の周りを見渡すかぎり、
自分でいっぱいのおっさんの残骸は見事なまでに残念だ。

なるほど。
人はどんな場所でも勉強できる。