読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

一級建築士試験 合格を決めるのは何か

今年の一級建築士試験の合格者が発表されました。
合格された方、おめでとうございます。

さて、いまだ道の途中という方もおられるかと存じます。
そして、これから目指そうとされいる方に一言。

この試験で合格を決めるのは何か?

一言でいうことは非常に難しいと感じます。
ですが、一言。


『常に考え続ける』


これしかありません。
確かにその先には、色々な方法があり、先般紹介した通りです。

学科につき、過去問をすべて覚えた。
製図につき、過去問をすべて・・・。

資格学校に大枚をはたき、ほぼ廻りの全ての方が同じく必要なことをすべて覚えている状況です。
その中で、合格者が選別される。

だとすれば、違いはなにか。
才能の問題?、経験?、時間?

この試験の合格者の平均年齢は30代前半。
仕事を始めて10年。問題作成者はそれぐらいの年頃で解いて欲しい問題を作っているかもしれません。

30代前半で身につけてほしい力。
だとすれば、自分で考える力かと。

逆にいえば自分で何も考えずにコピペだけで生きていくには建設業界は余りにも過酷です。
ただ、うまくコピーする。早くコピーする。そんな技術で勝負されるかたもいます。
それも良いかもしれない。
ただ、それだけではこの試験に確実に合格する力があるとは言い切れない。

話を戻します。
同じ時間勉強しているのに合格する人とそうでない人の違いはなにか。

他の方と差をつけるのであれば、方法は限られます。
日常生活のすべてを上手く利用しながら、恒常的に勉強を続ける習慣を身につける。
つまり、常に考え続けるということになります。

自分で考える力を身につけるというのは、かなり難しい。
そして、かなり面倒くさいのです。
人間できることなら、何も考えずに楽して生きていきたい。

心配事もなく、流れてくる情報だけを疑うこともなく受け入れて泣き笑う。
逆にそうでない人は周りの人からみればめんどくさいかもしれませんね。

それでもいままでの試験をみるにそこを重視していることは分かります。

また、その力を身につけないまま、たまたま合格している人も珍しくない。
ですが、そういう方の運はいつまでもは続くというわけにはいきません。
所詮運。浮き沈みがあります。

運だけでなく自分の力で未来を切り開くのであれば、是非ともこの試験でその力を身につけてほしいとおもうのです。
言い換えれば大チャンス。
そうすれば確実に合格するだけでなく、間違いなく将来へのステップアップとなるでしょう。


さて、合格後。
これから羽ばたく方、落ちていく方様々です。

目標を掲げることもなく、また、目標がなくなれば失速するような人生であれば、
言い換えると、考える力が身につかずたまたま合格してしまった。
といえるかもしれません。

建築士受験という暗黒時代を乗り越えた方は、今まで受験勉強に充てていた時間がすっぽりと空いてしまいます。
その時間の使い方が今後非常に重要であることは皆さんよくわかっているかと。

是非とも一級建築士という肩書を超えるような建設人になってください。

私もそうなりたいですが・・・なかなか上手くいきません。
まさか・・私も40代における考える力が足りてない?

ともあれ、苦労して暗黒時代を抜け出た友人に祝杯をあげたいとおもいます。
乾杯!