読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

認定コンストラクション・マネジャーに合格するためには 本編

昨日は書いているうちに話が飛んでしまい戻ってこれなくなりました。
ということで、今回は合格する方法をギュッと詰めて書きます。

この試験の合格率は30%
合格率だけ聞くとさほど難易度は高くありません。
しかしながら実際は資格要件もそれなりに高く、試験を受けられる方もプロフェッショナルな方が多い。
門外漢の合格はかなり難しい。あと受験料が高額。

畳みかけると、知名度も高くなく、過去問やその回答も出回っていない。
勉強におけるロスが非常に多く勉強法も確立されていないため、敷居が高い。
めんどくさい。

前置きはさておき、いきなりですが合格に必要な3つの条件を挙げると下記の通り。
門外漢でも大丈夫!めんどくさいけどこれが最短。

1.CM協会に参加
2.講習会に参加
3.過去問によるテスト対策


それでは解説


1.CM協会に参加

いきなりなんだと思われるでしょうが、入会特典で今までの機関誌が全てゲットできます。
察しの良い方はすでにお分かりかと存じますが、同時に過去問もすべてをゲットできるのです。
少々高いテキスト代金ではありますが、他に攻略する手立てはありません。これがベスト。
ただし、問題だけしかありません。
回答なし。
そのため、自分で過去問を体系的にまとめて、回答案を作っていくという地味な作業が必要。
過去問については後述します。



2、講習会への参加

当たり前過ぎてポカーンとなってしまいますね。

日本コンストラクション・マネジメント協会が行っている講習会は下記の通り。
・CMスクール(8回)
・CMガイドブック集中講座(2日間)

まず、この講習会にすべて出席すれば合格率は飛躍的に向上します。
ノウハウを凝縮しているため、すべて出席しても損はありません。
特に、プロジェクトフレームワークと建築のコストマネジメントの回は良かったので
興味のある方は是非。

とはいえ、講習会費用は決して安くない。
試験対策として最低減の範囲を挙げるということであれば、CMガイドブック集中講座。

門外漢であればこの集中講座だけではサッパリわからん。という方もいるでしょう。
であれば、補助的にCMスクール(特に☆の少ない講習)に参加することをお勧めします。


3.過去問によるテスト対策

ここから本題。
先ほど少し触れましたが、過去問を体系的にまとめると効率はかなり上がります。
なぜなら、この試験は他の試験同様に定期的に同じ問題が出題されるからです。

そこでまず、過去問から何度も出題される問題をピックアップ。
範囲は5~7年で十分かと。
もっと勉強したい方はさらに遡りましょう。
あと、新しい問題で根が深そうな問題もピックアップ。

私はエクセルシートにまとめました。
左半分が問題、右半分が回答です。
おおよそA4で10枚程度でしたね。
このあたりはおまかせでどうぞ。

そして、回答案づくり。
これが結構しんどい。そしてめんどくさい。
このテストで唯一の参考書であるCMガイドブックを引っ張り出し、回答を埋めていきます。
地道な作業です。しかし、後から考えれば非常にいい勉強になりました。
また、講習会の資料はさらに上手くまとめてあるのでそれで代用してもOK。


回答案をつくった後は、何度も復習を行えば対策としては万全。
記述式の問題については、回答に講習会内容を嵌めこんで精度を上げましょう。
ちなみに私はすべての講習会に参加しました。
私の試験勉強時間は講習会を除いておおよそ30~40時間程度。
電車に揺られながら1か月間、毎日1~2時間といったところですね。参考までに。
そろそろ楽しくなってきたー!てぐらいで試験を受ければまず間違いなく合格できるでしょう。

ただし前述の通り、簡単な試験ではありません。

あくまでこの手順で進めた場合。
という前提がつきますので、あしからず。

要領がわからない場合は、サッパリ進まないであろう敷居がすごく高くめんどくさい試験ということをお忘れなく。

以上です。

これであなたも資格をゲットだ!



なんとなく書いていたら昼休みを大幅に過ぎていた残念な管理人より