読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンリーファイト

世界へはばたく建築士たちの酒場

建築業界で世界にはばたきたい人が取っておいた方が良い資格 1+5選

資格とはブランドなのか?


春。


世の中には様々な資格学校のコマーシャルが溢れる。
まあ、現状に満足している人間ってのは成功者のみ。
現状に不満がある人は、今を打開すべく努力するしかありません。

ということで、今回のテーマは
建築業界で世界にはばたきたい人が取っておいた方が良い資格です。


まず、超いきなりですが皆さんの定年の時をイメージしてください。
その時、どのような姿を望むのでしょうか。















想像できましたか。


まさか、いまの業務がずっと続く・・?
いやはや、軌道修正したい。
様々な想いが駆け巡ったはず。







単純に一瞬一瞬の連続で反応し続けて生きていくのは難しい。年取るし・・
でもそれが一番、楽?

簡単なところからはじめたい、
考えるのは嫌、
面倒だから、
何とかなるさ、


なんて考えは
ゴールもなく敗者しかいない人生ゲームの中でルーレットを回し続けているだけかもしれません。


さて、建築業界。

取得したほうが良い資格のベンチマークは「一級建築士
揺るぎません。
業界最高位の資格、絶対です。

設計者であっても施工者であってもそうでなくても。
無くてももちろん生きていけますし、出世する人、お金持ちになる人も少なからずいます。

ただ、持っていれば自分の望む成功に近づく好機(チャンス)の回数が各段に上がります。
ゲームでいうところの幸運が上がり、印象も各段に良くなる取得難易度の高い激レアアイテムです。


なぜか。
言わずもがな見た目、ブランド、雰囲気超大事。
結局はいかにして人脈を広げるかなのです。

いやいや実力でしょ。という人もいますよね。
もちろんです。
ただ、わかってもらえるには時間と労力がかかる。
そんなにみんな待ってくれません。
チャンスは一度きりなのです。

そういった意味でイケメン、美女は超有利。
人に気に入られるとはそういうことです。

もしも、そうでなければ努力を目に見えるわかりやすい何かに変えて対抗するしかない。
有体に言えば何もない自分に、有名大学卒とか一級建築士という付加価値をつけるのです。

よく一級建築士試験は簡単だったとか、
この業界にいれば持ってて当たり前とか、
足裏の米粒なんていう人がいます。
遺憾の意。

資格を持っていない人や素人に向けてのアッピールと思われてもしかたありません。
資格を持っているから言える言葉ですから。
一級建築士という看板自体に価値がありますからね。
だから、昔の簡単だった時代に取得された方は価値の超インフレを堪能されています。


昨今、一級建築士の平均取得年齢は30代前半。
建築業界の人であれば人生を掛けた戦争です。
ゲームでいうところのクラスチェンジです。
30代前半までに取得できれば御の字。
そこからの人生に何かしら良い影響があるはずなので、
是非頑張って取得してください。

さて、サラリーマン人生では時折、後戻りできないルート選択というイベントが発生します。
一人前になった位が目安で突然。
それをいかにチャンスに変えれるか。
その時まで是非力を貯めておいてください。
光陰矢の如し。


そして、やっと本題。

ここからはキャリア形成です。
自分の望む成功に近づく好機(チャンス)の回数が各段に上がるであろう資格を順に追っていきます。

まずは3つ

一級施工管理、宅建技術士(建設)


さて、原則に従って生きていくならば、もっと建設業界を勉強したほうが良い。
そういった意味で実をとるならば設計と施工を両方を知っておくことは絶対に損はしません。
そういう意味では'’一級施工管理'’
オシャンティ建築士はなかなか興味がわかないかもしれません。我慢しかないけど。


不動産関係の知識を最低限身に着けたいということであれば'’宅建'’。
これは世に広く認知されているので建設業界をあまり知らない人がみれば確実に印象が良くなります。
不動産会社にいないかぎり、実務で使われる機会が少ない。
というか建築士試験で勉強範囲が被ってる。


知の巨人になりたいのであれば技術士(建設)
これは建設業界、特に土木系では最上位となる有名な資格。
ただし、一般的にはあまり浸透していません。
特に建設業界の内に向けて印象が良くなります。

ともあれ、3つのうちのどれか一つは取得される事をお勧めします。
''実''の施工管理、''外''の宅建、''内''の技術士

さらにここからです。
世界に羽ばたくということであれば、
優先順位は一級施工管理>技術士(建設)>宅建です。
海外では、建築に関する基本の理解が必須。
印象やオーラを纏うだけではすぐにメッキがはがれます。
交渉の腕力勝負に弱い方、プライドが高くて話を聞けない方、協力してくれる人の力を使わない方、超大変。

技術士は基本的に土木建設、近くの他業種です。
そのため、資格を取得する順序は一級建築施工管理→一級土木施工管理→技術士補→技術士のステップが良いと思います。
かなりの長期計画になりますので労力に対する効果を考えて施工管理を上位に挙げております。
ホイミベホイミベホマベホマズンといえばわかりやすいでしょうか。そんなわけない。

その他、コンサル系、デザイン系、環境系、語学系と様々な資格がありますが、
海外にいくならば語学超大事。


もうね。圧倒的です。
特に日本の建築技術と資格があって、英語が喋れるといくらでも仕事があります。
そこに専門外の不動産や環境系の知識が加わると確実にロンリーファイトできますね。

ただし、基盤は日本での建築の技術力。
これが超重要。
語学に努力を全振りしても、
確かな技術力や専門の通訳には歯が立ちません。
基盤は大切。バランス感覚も大切。


さて、ここでおさらい。
キャリアの上で大きな分岐点。
最初の定年の時のイメージをもう一度思い浮かべてください。


皆さんのイメージ通りに生きていくにはどうしたらよいのでしょうか。
引き返せない人生の分岐点つまりチャンスは一つや二つじゃないはずです。

30代なかばから40代にかけて、運命の分かれ道が突如現れます。

例えば、会社の上層部が、発注者が、
玉石混合のミドル世代に白羽の矢を立てるのです。
こいつにこの仕事をやらせてはどうかと。


どのルートを歩んだ方が良いのか。
そもそも断れるのか。
個人的には誰にもできないような貴重な体験、
嫌がる道を選んだ方がより面白くはなります。
ですが人それぞれ。

さて、その時の準備として、
ここからは海外ではばたくための資格を列挙していきます。
おすすめ取得順序順です。


まず、海外で役に立つこと。これに限ります。


0、一級建築士
1、一級建築施工管理技士
2、一級土木施工管理技士
3、他(電気・管)施工管理技士
4、認定コンストラクション・マネジャー
5、技術士(建設)


別途 語学系資格


羽ばたくための効果を考えたらこうなりました。
理由として、海外では法的規制がかなり緩いため、
常に原理原則で考えなければ廻り(ローカル)の意見に流されるんです。
数の論理超怖い。
結果、顧客満足度を得られない。

また、海外ではデザイン系の人たちも多い。
その国々の嗜好もあります。
デザインだけで戦うにはよほど突き抜けた能力が必要かなと感じてます。

いえることは、難しい知識はいらない。
基本をいかに幅広く抑えて原理原則で対応できるか。
簡単にはいえますがみんな中々できない。
難しくするのは得意だけど、簡単にできないんですよね。
その考え自体が悪だということに気づかれていないパターンも多いです。


一言でいえば、
ゼネラリストを目指す。これに尽きる。


そして、海外で活躍するために、羽ばたく前に必要な知識を資格勉強を通して手に入れる。


施工管理系資格は一級建築士があれば、試験の一部が免除。
海外での図面読解、施工計画等で役立つ。

そして、最終的には技術士も取得できたらいうことなし。
いらない。
といえばそこまでですが必要ないという人はいないはずです。

また、海外ではコンストラクションマネジャーはかなりメジャーな仕事です。
建設関係者と打ち合わせするのであれば必ず役立ちます。
建築士取得後、タイミングをみて取得されてはいかがでしょうか。。

もちろん。
それら資格がなくとも仕事ができないというわけではありません。
自分で勉強されていれば結構です。

ただし、海外で建設発注者となる方々はほぼエリートです。
さらに時間セレブ。

頑張っているという姿勢はどこかできっと通じます。
まあ、これだけ資格を取得すれば社内の人事の方も動く・・・でしょうね。

最後に語学、必要に駆られないと無理。
とまではいいませんが、かなりの労力を要します。
先に海外に渡り、そのチャンスを活かして覚えるのも吉です。
結構多い。
海外に行ってから覚えて来いと言われたらラッキーですよね。


ざっくりここまで。
いかがだったでしょうか。
建築士を目指す学生であれば、
その次のビジョンもあるかと思いますので参考としていただければ。
世界をまたにかける建築士になれる日も近い。

でもそのためには地味な努力が必要なんですよね。。。


これだけの資格を取得するのであれば、中長期計画になります。
どの資格もそうですが、必要に駆られなければなかなか取れません。
強い意志がいりますね~。
まあ皆さん、頑張りましょう。


今年は技術士補か・・・。
おっさんにはしんどいけど後戻りできない。

一級建築士の年収

年度末
皆さんは仕事仕事でお疲れではないでしょうか。
プレ金って言葉になんら興味も沸かない。
どうせマスコミの世論操作だ!
同感です。

20~30代であれば仕事を頑張れば頑張るほど楽しみが増えるような気がしました。
ですが40代。
頑張れば頑張るほど失う。
というか取り返しのつかないのものがあることに気が付くようになりました。
後退しつつある額を鏡で見ながら。

今回は一級建築士の年収の話。
下世話です。

年収ラボで調べると平成27年は644万円
資格別ランキングだとなんと8位。
平均年齢は49.7歳

http://nensyu-labo.com/2nd_sikaku_nensyu.htm


俺、そんなに貰ってないよ。
このままでいいのかな。なんて考えすぎないように。ストレスはよくありません。

ちなみに大手と中小では200~300万くらい違う。その差は一体っ!
やはり年収よりも遣り甲斐を選ばれる孤高の存在。
まあ、面白くてお金貰えるんだから文句はない。
わが生涯に一片の悔いなし。
そんなことお酒を飲まずには言えません。
切ない。

というわけで気持ちよくなる言い訳を考えてみました。

限界効用逓減の法則からすれば、消費が増えると満足が減るってことから、
おおよそ年収600万円位が一番幸せを感じるとも聞いたことがあります。
matome.naver.jp

であれば、年収600万位の方は出世や年収アップを望むより、より人生を楽しむには何かを探すべきかもしれません。
人生を幸せにする原理原則はなんなんでしょうか。
7つの習慣を読んどけよってはなしですね。

じゃあそれより少なかったらどうなんだよ。
うーん、きっと人生をより楽しむ方向へベクトルが向いているってことですよね。

やはり今回は不毛な話題でした。

CASBEE建築評価員に合格しました。

受験資格は一級建築士
合格率は86.9%

試験は問題量がかなり多く、過去問を解いてないと少しというかかなりシンドイ。
受験料も講習あり、本ありでなんと約4.5万円!

これは・・・


資格試験講座テレビコマーシャルが脳裏をかすめますね。

ただ、受験者はこれだけのマネーを払ってもしも合格できなかったらどうなんだっていう不安もあってか、
講習会も試験会場もかなりの熱気に包まれておりました。ムンムンです。

こういった試験は、やはり受験資格によって空気感がまるで違いますね。

なので合格率からお手軽試験と考えるにはチョ、マテヨですね。
うーん・・・とはいえ結構名刺に書いている人多いんですよね。

横文字カッコいいからなのか?

まあ、設計には必要な資格ということで。

一級建築士製図試験の際の忘備録

パソコンのデータを整理していたら、忘れていたブログを発見しました。
2007年のものがまだ残っているとは・・・

一応公開しておきます。

ふとももクラブ(製図試験)
popaz.exblog.jp

くだらないネーミングだ・・・



因みに前身のブログはこちら
ロンリーファイト!!(主に学科試験)
zapop.exblog.jp

今見てもあまり成長がないことがわかる・・・


参考になったサイト
selfstudy


うおお・・懐かしいかも

海外での建築仕事について少し語らおう2

今ある世の中の理不尽を解消してより良い世界をつくる。
そのためにルールがあるとすれば、
ルールを守らない人は、それを邪魔しているってことになるんでしょうか?

現状に満足している者はルールに従う。
現状に満足していない者はルールに逆らう。


さて、海外での建築仕事の話のつづき。

海外の建築におけるルールはどうか。
発展途上国はルールも発展途上。

そういった意味で日本は建築の先進国になります。
日本人は海外の人と比べ、要求レベル非常に高い。
必然的に技術レベルも高くなり、それに伴い法律も成熟しています。
建築における発展途上国が日本のようになるまでには、まだ当分時間がかかるでしょう。

さて、日本の企業が、海外で建築しようとする場合、
大きなポイントは、そのギャップを埋めることになります。
つまりは最適化。

日本の建築における技術的なノウハウをルールが確立されていない海外の国で売る。
これが海外での建築仕事の大枠です。

それは単純に日本のやり方を海外に持っていくということにはなりません。
習慣、考え方、嗜好、法規、材料、施工技術等のあらゆる違いに合わせて最適化しなければならない。
一言でいえば、構成力でしょうか。

かなりフワッとした表現になりましたが、イメージはこんな感じです。
語学もあった方が良いのは間違いありません。
それでも、海外で仕事するうえでのスキルの優先順位は、最上位に構成力がくるような気がします。

次回につづく

一級建築士試験 合格を決めるのは何か

今年の一級建築士試験の合格者が発表されました。
合格された方、おめでとうございます。

さて、いまだ道の途中という方もおられるかと存じます。
そして、これから目指そうとされいる方に一言。

この試験で合格を決めるのは何か?

一言でいうことは非常に難しいと感じます。
ですが、一言。


『常に考え続ける』


これしかありません。
確かにその先には、色々な方法があり、先般紹介した通りです。

学科につき、過去問をすべて覚えた。
製図につき、過去問をすべて・・・。

資格学校に大枚をはたき、ほぼ廻りの全ての方が同じく必要なことをすべて覚えている状況です。
その中で、合格者が選別される。

だとすれば、違いはなにか。
才能の問題?、経験?、時間?

この試験の合格者の平均年齢は30代前半。
仕事を始めて10年。問題作成者はそれぐらいの年頃で解いて欲しい問題を作っているかもしれません。

30代前半で身につけてほしい力。
だとすれば、自分で考える力かと。

逆にいえば自分で何も考えずにコピペだけで生きていくには建設業界は余りにも過酷です。
ただ、うまくコピーする。早くコピーする。そんな技術で勝負されるかたもいます。
それも良いかもしれない。
ただ、それだけではこの試験に確実に合格する力があるとは言い切れない。

話を戻します。
同じ時間勉強しているのに合格する人とそうでない人の違いはなにか。

他の方と差をつけるのであれば、方法は限られます。
日常生活のすべてを上手く利用しながら、恒常的に勉強を続ける習慣を身につける。
つまり、常に考え続けるということになります。

自分で考える力を身につけるというのは、かなり難しい。
そして、かなり面倒くさいのです。
人間できることなら、何も考えずに楽して生きていきたい。

心配事もなく、流れてくる情報だけを疑うこともなく受け入れて泣き笑う。
逆にそうでない人は周りの人からみればめんどくさいかもしれませんね。

それでもいままでの試験をみるにそこを重視していることは分かります。

また、その力を身につけないまま、たまたま合格している人も珍しくない。
ですが、そういう方の運はいつまでもは続くというわけにはいきません。
所詮運。浮き沈みがあります。

運だけでなく自分の力で未来を切り開くのであれば、是非ともこの試験でその力を身につけてほしいとおもうのです。
言い換えれば大チャンス。
そうすれば確実に合格するだけでなく、間違いなく将来へのステップアップとなるでしょう。


さて、合格後。
これから羽ばたく方、落ちていく方様々です。

目標を掲げることもなく、また、目標がなくなれば失速するような人生であれば、
言い換えると、考える力が身につかずたまたま合格してしまった。
といえるかもしれません。

建築士受験という暗黒時代を乗り越えた方は、今まで受験勉強に充てていた時間がすっぽりと空いてしまいます。
その時間の使い方が今後非常に重要であることは皆さんよくわかっているかと。

是非とも一級建築士という肩書を超えるような建設人になってください。

私もそうなりたいですが・・・なかなか上手くいきません。
まさか・・私も40代における考える力が足りてない?

ともあれ、苦労して暗黒時代を抜け出た友人に祝杯をあげたいとおもいます。
乾杯!

海外での建築仕事について少し語らおう1

大手ゼネコンが精細美麗なアニメで海外での建築プロジェクトに携わる現場監督を映し出すCM、
超キラキラです。

批判ではなく、躍動的なカメラワークを除けばポジティブな人間の眼にはあのように映っている。
そんな気がする休日の黄昏時です。


さて、少し前にキャリア形成云々というお話をしました。
建築士資格を取ったあと、どうすればいいのか?


今日は海外での建築仕事の話


やはり、一口に海外といってもいろんな国があるわけで、
どこの国でも仕事が同じってわけではないでしょう。と思われる方も多い。
しかし、海外の仕事はそうでもないんです。
謎をちらつかせながらも話を進めます。


私も仕事をさせていただいた国は多くありませんが、
今回はそんな中で出会った人達の仕事を少しご紹介します。


現場監督って仕事を皆さんご存知でしょうか。


懇切丁寧に説明すると、建物を建てる現場の監督さんです。
映画でいえば設計者が脚本家、現場監督はいわいる監督です。
いろんな建築の業種の人たちにあれやれこれやれ指示をだしてまとめあげる。


さて海外では、PM(ピーエム:プロジェクトマネジャー)と呼ばれるこの仕事は、
現地のゼネコンを使って、日本のゼネコン品質を確保すべく管理監督を行うのです。


さてここで超ざっくりと日本と海外での建築におけるわかりやすい違いを説明します。

・現地のゼネコンの技術・能力が日本のそれと比べてかなり低い。
 設計も然り、施工図なんてないことも
・日本のような良い品質の材料がない。そして納期に時間がかかる。
 時間に超ルーズ。
・建築の法律が日本と比べて緩い。例えば耐震基準なんて日本とは比較できないほど。
 柱や梁が超細い
・国によってコストの差が各段に大きい。発展途上国であれば労働者の日当は数百円。
 格差社会の格差がすごい。


さてさてこれだけ聞くと大変だな。
きっと日本から出れば大変なことばかりだぞ。
行きたくない。
楽しくなくても今のままでいい。
なんて思われる方もいるかもしれません。


しかしながら、そんな海外で活躍されている方々に実際触れてみると
大成功される方は少なくありません。

結論からいえば、日本で頑張るよりもすごく出世しやすいように感じます。
まあ、実際すごい大変な部分があるからですけど。
ロールプレイングゲームでいうところの経験値が溜まりやすいのかもしれません。


何故か。サックリと説明します。


・仕事に対する裁量が大きく、かつルールががんじがらめではない。
・大きな仕事をゲットするチャンスが多い。
・出張者同士の絆が太い。今後の大きな力となる。
発展途上国であれば時流やバブルに乗れる。

一言、のびのび仕事ができる。

さてそのような状況の中でも条件があります。
海外で大成功される方の多くが持つ共通する能力として、

『構成力』が挙げられます。

なんだそれ、って思われますよね。

日本での仕事ってディテールに拘ることが非常に多いですよね。
国土が狭く、大きな建築物を建てれない日本ではしょうがないとおもいきや。
あなたの周りにもディテールに拘りぬいている方はおられませんか?

海外ではディテールで勝負できない。

つまり、どれだけ細かく数多く指示して仕上げてもなかなか思い通りに仕上がらない。


じゃあどうすんのって話なんですけど、
これも一言、大枠が掴めるかどうか。

そうはいってもディテールは大事だろう。
そうです。
捨てられません。

日本で仕事をされている方たちは、偉大なる先人たちの築き上げた基本があるんです。
しかしながら、その基本を変えることが難しい。
だからアイデアをひねり出してディテールで勝負する。
どの業界も成熟すれば同じかと存じます。

しかしながら、基本のない国で仕事をしなければならない。
つまり、海外では基本がしっかりしていて、初めてディテールに入れる。
ということなのです。

あれっ難しくなってきましたね。



長くなりましたので次回へ



何もしないことが最大のリスクかもしれない ロンリーファイト管理人